スズメバチの巣の駆除は温かい春になる前に始めましょう

害虫による被害の深刻さ

笑顔の男性スタッフ

スズメバチの巣の駆除はスズメバチがどの程度巣に住んでいるのか調べる必要があります。スズメバチの巣の大きさをまずは確認してみましょう。スズメバチの巣がほんの数センチであれば巣が作られ始めたばかりになり絶好の駆除時期になります。この場合は活動しているスズメバチの数も少ない為、駆除に掛かる時間や薬剤の量も少なくて済みます。小さい巣の駆除は周りの環境を見ながら行いましょう。巣の近くに刺激を送りハチが居るのか確認しましょう。巣の中には最後まで作られる事なく放置されている巣も存在しています。もしもスズメバチが住んでいる様子が無くても必ず駆除を行いましょう。放置したままにしておくと他のスズメバチの巣になってしまう事もあります。

スズメバチの巣の駆除は巣の大きさが小さく、活動しているハチの数も少ない内は自分達でも行えますが危険を伴うので出来るだけ経験豊富なプロに依頼する事をオススメします。スズメバチの巣の駆除の際には厚みのある防護服の着用が必要になります。スズメバチの針は他のハチに比べて長く丈夫なので、薄い防護服だと貫通してしまいます。白い色はスズメバチが嫌う色と言われているので巣の駆除を行う場合に着ましょう。スズメバチの巣の駆除には殺虫剤が使用されますが、市販の殺虫剤では効果が弱い事もあり、駆除が完璧に行えずに中途半端にハチを刺激してしまう事もあるので注意しましょう。さらにスズメバチの巣の駆除を行っている時は絶対にハチに触れない様にしましょう。スズメバチは死んだあとにも毒性を保っているので、針が刺さってしまうと毒が体内に排出されてしまいます。