スズメバチの巣の駆除は温かい春になる前に始めましょう

害虫の習性と特徴

住宅

スズメバチの巣の駆除には防護服を着て取り組む事が大事です。スズメバチの巣の駆除の際はマスクやゴーグルを必ず着用して肌の隙間を出さない様にする事が大事です。しかしスズメバチの巣は住宅以外にも存在しているので自然界でスズメバチに出くわした時は以下のような対処法で被害を防ぎましょう。

スズメバチは攻撃性が高く獰猛な性格をしていますが、単独で活動を行っている場合にはさほど攻撃を仕掛けてくる事はありません。もしスズメバチを見かけてもこちらが過剰な動きや行動を起こさない限り刺される事は少ないでしょう。スズメバチは4センチから5センチ程の大きさになるので単独で行動していても見つけやすいでしょう。その為、見つけたら即座に他の場所に移動しましょう。間違ってもスズメバチを駆除しようなどと思わない事が大事です。スズメバチの巣の駆除は通常しっかりとした準備が必要になるので、軽装で棒や枝で駆除などはもってのほかです。スズメバチに遭遇した場合には、音をたてずに移動しましょう。

もしもスズメバチに刺された場合にはすぐに傷口を洗浄する必要があります。よく傷口を吸って毒を取り除こうとする人もいますが、この方法は間違っているので非常に危険になってきます。スズメバチの毒が口の粘膜に浸透すると腫れて痺れを起こします。毒を適切に取り除きたいのであれば、指で傷口を圧迫して絞り出すようしましょう。洗浄する時は出来るだけ冷水ですすぐ様にしましょう。毒が体内にまわっていく内に症状が悪化する事もあるので自分で対応出来ないのであれば病院に行きましょう。スズメバチの巣の駆除は安全第一に行いましょう。